ロゴ

ブログ更新「シックハウス症候群・化学物質過敏症からいただいたものは・・」



シックハウス症候群・化学物質過敏症で悩む人々(私を含めて)その真っ只中はポジティブとは言い難い。

毎日のようにいただく相談は様々。
何とか現状回復をしたい。そのために安心して暮らせる住まいがほしい。
家を建てたい!リフォームしたい!引っ越したい!
一生懸命に必死に相談に見えられる。
私は今までの経験と学んだことの中から一生懸命に必死に、その解決策を考えていく。

いろいろはあるけれど、ほとんど解決策は見つかっていってお互いに信頼関係ができて、心の距離も近くなる。
「あんなに悩んでいたのが嘘のよう」「相談して良かった」そんな言葉を聴く度に、自分自身がシックハウス症候群・化学物質過敏症になったことは偶然ではなくて(シックハウス症候群・化学物質過敏症に苦しむ人たちの、お役にたつためなのだとしたら)天からの大きな大きなプレゼントなのかもしれないと思う。

先月、エムディーでお家まるごとシックハウス症候群・化学物質過敏症対策のリフォームに加えて家具のコーティングをしてくださったS様からいただいたメールに「絶望的な気持ちになりますが、エムディーさんがあるおかげで、何とか生きていけます。ありがとうございます。」と書かれていた。

ふとメールの履歴を見たら、数えきれない量のやり取りをしている。
お互いの今を思いやりながらの一生懸命のメールは、読み返してみると心が癒されていく。

ずっと昔からの友人のように、心配して励ましあって、その不安を心配を解決していく。
シックハウス症候群・化学物質過敏症対策は、住む家だけでなく心のケアも必要なのだと痛感していく。
そしていつも、私よりもお客様の方が重度のシックハウス症候群・化学物質過敏症の私の心配をしてくれることになってしまう。
その度に人の温かさを想う。
そして、自分自身を顧みて恥ずかしさでいっぱいになる。

この20年11か月。たくさんのことをお客様から教えていただいた。
自分自身がお客様になった時にその人の器がわかってしまうのかもしれないと思う。

私たちは、お客様にたくさんのことを許していただいただけでなく、たくさんの温かい想いをいただいて、こうして20年11か月、生きてこられたのだと思うと胸がいっぱいになる。
明日3月4日は「エムディーの設立記念日」コロナ禍、たいしたことはできないけれど、今月はひとりでも多くの方に感謝を伝えていきたいと思う。

?Gg[???ubN}[N??