ロゴ

ブログ更新「日本の家は世界的にみて短命住宅?!」



28年前に家を建てた友人のY子。
建てる時は「終の住処」にしようと思っていた。

元々健康にはこだわっていたから、食事は無添加、野菜は無農薬、家も安心安全な家に暮らしたいと選んだ業者のキャッチコピーは「安心安全」だった。

使っている素材が全て新建材といわれる化学工業製品だと気づいたのは家が完成した時。
床フローリングという表示は本物の木を使っていると信じていた。
まさか木に似せたプリント、フェイクとは思ってもいなかったという。
28年経ってその床はところどころ剥がれ、下地のベニアが見えている。

おしゃれな外観はデコボコしていて雨漏りがしやすいだけでなく、デザインも古い。
しかも勾配がきついので塗り替え時の足場代も高くつく。

天井・壁の塩化ビニールクロスはクロスの内側にカビが生えやすく、臭いが気になるしうす汚れてきている。
キッチン、お風呂、トイレの設備も今替えておかないと「終の住処」どころかもって後2~3年という。

調べてみたら日本の家の寿命は20年~30年。しかもメンテナンスが必要。
しかも家は子どもたちそれぞれの個室が。
皆な家から出て広~い家に夫婦2人。
途方に暮れていたという。

こんなふうにならないために、Y子夫妻は今度こそ体に心に安心安全、本物の木を使った自然素材いっぱいで、アレルギー・シックハウス症候群・化学物質過敏症対策のエムディーでリフォームをしました。
今度こそ「終の住処」を手に入れる?!
?Gg[???ubN}[N??