ロゴ

ブログ更新「捨てられないは思い込み?!」

断捨離

時々リモートでおしゃべりしている友人のE子に、このゴールデンウィークの断捨離決意を話したら少し刺激されたよう・・・
いつもお部屋の中をきれいにしているE子だけれど相変わらずモノは多い。
「捨てるには勇気が必要だよね」と言う。

いちばん困っているのは洋服・・・
おしゃれなE子らしい。
リモートでクローゼットの中を見せてくれた。
きれいに整理されているけれど隙間なくパンパン。
これでは着たい服がすぐに見つからないのでは・・・と心配してしまう。

よ~く見ると(よく見なくても)ぱっと目につく大量のコート。
「さすがに毛皮のコートはもう着ないんじゃあない?」と言うと、「でもね、買った時高かったんだよね。もう30年以上着てないんだけど・・・」と答えがかえってきた。

講座で「捨てる」をテーマにすると、捨てられなくて困っているという質問をよく受ける。
「買ったとき高かったから」
「またいつか流行が来て使えるかもしれない・・・」
「もしも痩せたらまた着れるようになるかも・・・」
「思い出もあるし」と。

服であふれているE子のクローゼットをみて「思いきって今着ている服だけにすればスッキリするのに・・・」と言ってみた。
2時間後「毛皮を捨てたら軽くなった。軽くなったら何だかどんどん捨てられる気持ちになって、今12袋捨てるモノができた。」と何だかウキウキしていた♪
?Gg[???ubN}[N??